• HOME
  • 記事一覧
  • 今からでも間に合う?!飲食店2023年末に向けた求人戦略

今からでも間に合う?!飲食店2023年末に向けた求人戦略

求人・採用・選考
2023.10.16

年末年始は忘年会・新年会シーズンであるため、飲食店にとって売上を出すのに特に重要な時期です。

ただ、せっかくの年末年始に人手不足のせいでお客様の対応をしっかりとできないというのは避けたいところですよね。

そのため年末に働ける人材を早めに採用したいと思われる方も多くいらっしゃることかと思います。

そこで本記事では、年末年始の人手不足の状況を改めて知り、年末年始に人手不足にならないために12月までに飲食店がどのようにアルバイトを募集すればいいかのポイントについて紹介します。

年末年始の人手不足の現状

新型コロナウイルスの影響も徐々におさまり、コロナ以前の活性化を取り戻しつつある飲食店ですが、多くの店舗では人手不足の傾向にあります。

特に、かき入れ時である年末年始になると人手不足の状況は顕著になります。

これは、年末年始に客足が増え普段よりさらに忙しくなったから人手の増員をする必要があるだけではありません。

学生アルバイトが帰省したり、年末はゆっくりしたいからシフトを入れなかったりと従業員側の事情もあります

そのため、普段は人手が足りている飲食店でも場合によっては人手不足になることもあるため、店舗の責任者は従業員に年末の出勤状況を予め確認するようにしましょう。

また、年末年始で忙しいからと言って従業員に無理やりシフトを入れてもらうのは極力避けるようにしましょう。

近年の働き方改革の流れもあり、強制的に従業員に働かせるのはブラックな職場というイメージを与えてしまいます

それにより、従業員の辞職だけでなく、求職者からの応募がこなくなる、さらには売上低下に繋がる可能性もあります。

そのため、年末年始における求人戦略は通年のものとは違った方法を取る必要があります。

年末年始の一般的な繁忙対策

では、一般的に飲食店はどのように年末年始の繁忙対策を行っているのでしょうか。

リクルートが実施したアンケートによると、9割近くの飲食店が人手対策を行いました。

具体的な内訳としては下記のようになります。

38%:短期スタッフを募集した

16%:本社や他部署からヘルプスタッフを呼んだ

33%:今いるスタッフの勤務時間を増やした

特に、短期バイトに関してはスポットバイトと呼ばれる1日単位でアルバイトを雇用する短期的なものも最近では見られます。

年末年始に仕事や学校がなく、特に予定もないという方が少なくありません。

そのため、余った時間を活用して短期バイトをする方も多く見られるため、年末年始は短期バイトを活用するのもおすすめです。

また、今いるスタッフの勤務時間を無理に増やすのは、前述したとおり今後のお店の評判に響くことがあるため、自主的にスタッフが働いてくれるようにしましょう。

そのために、多くの店舗で見られる対策が、特別手当の設定です。

アルバイト側からすると、年末年始でゆっくりしたいところを我慢して出勤するだけでなく、普段より忙しい時期のため働くモチベーションはそれほど高くありません。

そのため、アルバイトが働きたくなるようなインセンティブを与える必要があり、その方法として最も効果的なのが特別手当の設定です。

ただし、年末年始に関わらず最も理想的なものは、従業員が自主的にシフトを入れており、常に人手が足りている状況かと思います。

10~12月までの求職者の動向

12月までの採用活動を行うときに、知っていなければいけない1つの求職者の動向。

この章では、年末年始に働ける方を採用するためにも10月〜12月の求職者の動きについて紹介します。

学生の動向

学生においては、学園祭といったイベントが10月に実施されることが多く、10月に学生からの応募がくることは他の時期に比べ少なくなっております。

ただし、学園祭が終わった10月末からは時間に余裕ができる学生も増え、長期のアルバイトを探しはじめるため、10月下旬から11月上旬は応募数が増える傾向にあります。

ただし、10月中旬以降になると、アルバイトを見つけた学生の人数も増え応募が鈍化しやすく注意が必要です。

また、12月以降は年末に実家に帰省することを考えている学生もいるため、11月の中旬に引き続き長期アルバイトの応募はそれほど見込めません。

ただし、帰省先で時間に余裕がある学生が短期で働ける場所を探していることもあり、短期募集を行うなら12月からしても間に合います。

フリーターの動向

年末年始の予定を踏まえ、10月から11月頃のフリーターはお金を稼ぐために時給が高いといった条件で短期バイトを探す傾向にあります。

一方12月に関しては、短期バイトを探しつつ、年始に新しく働けるアルバイト先などを探す方が多いです。

そのため、年末に働けるフリーターを探すときは、10月から12月の間に短期の募集をかけるのが効果的です。

主婦&主夫

10月から11月前半までは学生と同様にクラブ活動や運動会といったイベントがあるため、主婦層の応募は少ない傾向にあります。

また、11月中旬から長期アルバイトに関しての応募数に変化はありませんが、年末年始の出費を鑑みて短期アルバイトに応募する方が増えます。

12月も同様な傾向があるため、11月以降は短期アルバイトの需要は高まってると言えます。

このように各求職者の動向からターゲットと目的に合った求職戦略を策定しましょう。

年末までにアルバイトを採用する効果的な方法

短期バイトの募集は人手不足の対策に効果的ですが、できる仕事も限られているためできれば年末も働いてくれる長期のアルバイトも欲しいですよね。

では、どのようにすれば年末年始でも活躍してくれるバイトを採用できるのでしょうか?

この章では、いつ、どのようにバイトを募集すればいいかの方法について紹介します。

長期アルバイトの募集時期なら10月下旬〜11月上旬がおすすめ

年末年始に働いてくれるアルバイトを採用したいなら、ある程度の研修期間が必要です。

業務内容によって覚えることは変わるかと思いますが、最低でも1カ月の研修期間は欲しいかと考えられます。

そのため、採用までの日数も踏まえ、長期アルバイトの募集時期は10月下旬から11月上旬に行うのがおすすめです。

ただし、面接を実施する際は、求職者に対し年末年始でも働けることが可能か確認するようにしましょう。

この確認を怠ってしまうと、アルバイトの数は十分でも年末年始のみは人手不足になってしまう可能性があります。

また、年末年始に特別手当が出るならば、面接段階で伝えるようにし、求職者が年末年始に働くモチベーションを採用段階から高めるようにしましょう。

短期アルバイトの募集なら11月中旬から12月がおすすめ

年末年始の人手不足で多くの店舗が用いている短期アルバイトの募集はいつ行うのがいいでしょうか?

基本的にフリーターや主婦層が年末年始の出費に向けて短期のアルバイトを探す傾向がある11月〜12月に短期のアルバイトの募集を行うようにしましょう。

また、スポットバイトなら柔軟に人の募集を行うことができるため、直前になっても人が足りないとなっても対策することは可能です。

ただし、どの店舗も年末年始は人手不足になる傾向が高いため、他と差別化するために特別手当てを出すなら待遇を良くする必要があります。

求人媒体はIndeedがおすすめ

アルバイトの募集をかけても応募がなかったら費用の無駄になってしまいます。

効率よく求人活動を行って、年末年始に働けるアルバイトを募集したいですよね。

そのような方におすすめなのが「Indeed」です。

Indeedは「クリック型課金」という料金形態を取っており、求人票が見られた時にしか費用がかかりません。

また、求人票別にどれくらいクリックされ、どれくらい応募があったのかというデータを分析することができるためPDCAを回しやすいです。

特に、常に募集を行っている長期アルバイトに関しては、どのような求人票が勝ちパターンであるか知れるので、年末年始だけでなく通年でも利用でき、今後の採用活動においても役立ちます。

そのため、12月までに求人を募集するならIndeedを活用するようにしましょう。

短期アルバイトは長期雇用に繋がることも

最近は、長期アルバイトより短期アルバイトでいろいろな仕事をする方も増えてきました。

これは自分に合った仕事を探すために、いくつもの仕事を経験したいという理由からです。

そのため、自分に合う仕事が見つかればそこから長期雇用に繋がることもあります。

年末年始など忙しい時期に短期バイトで対応するということもあるかもしれませんが、事務的な対応をするのではなく相手が働きたいと思えるよう誠実に向き合いましょう。

そうすることで、長期雇用に繋がり、結果的に店舗の人手不足を解消する可能性があります。

まとめ

今回は年末年始に人手不足を解消するために12月までに取り組むべき求人戦略について紹介しました。

年末年始はどの店舗も忙しく、人手を確保するのは必須です。

本記事で紹介したように、短期アルバイトや長期アルバイトなど募集したい相手によって求人をだすタイミングも変わります。

逆に言えば、正しいタイミングで求人を出稿できれば効果的に人を採用することができます。

また、年末年始の対策に雇った短期アルバイトも職場次第では、長期的に働いてくれるスタッフに変わる可能性もあります。

そのため、求人戦略だけでなく職場の環境も働きやすいものに変え人手不足を解消するようにしましょう。

横井拓人

ひとむすび立ち上げメンバー(2022年12月)。飲食店の大きなお悩みである求人・採用から、スタッフの育成や定着、労務、集客まで幅広く情報を発信しています。 飲食店の経営者・人事担当者様にとって価値ある記事をお届けし、お役に立てるよう精一杯頑張ります!

関連記事

飲食店の採用に今すぐ役立つ資料を無料で!
採用お役立ち資料
無料ダウンロード